羊のまいにちしあわせになる方法100

羊、こと羊子がまいにちしあわせになる小さな方法をためし中.100個お試し中。

”睡眠こそ最強の解決策である”マシューウォーカーを読んだ

f:id:pecorafelice:20190625103749j:plain

昨今、睡眠負債が集中力の欠如ばかりでなく、死に至る病気を招くととりだたされています。この本は、単に睡眠の大切さを説いただけの健康本ではなく、今まで解明されていなかった「人はなぜ眠るのか?」「なぜ夢をみるのか」など睡眠のことが網羅された熱い研究本です。

 

特に印象に残ったのは

 

レム睡眠は夜中のセラピーと自由奔放な遊び場所!ということ。

 

睡眠には同じように寝ているといっても、レム睡眠ノンレム睡眠の2種類があるのは、よく知られています。ノンレム睡眠は深い眠り、レム睡眠は浅い眠りと言われ、

脳の中は、この2つの種類の睡眠が、90分ごとに忙しく入れ替わっています。

 

レム睡眠のとき、感情を司る脳の部分は、起きているときより、30%も多く活発に動いているそう。でも、ノルアドレナリンというストレスホルモンは、このレム睡眠のときだけ一掃されていなくなってくれている。

 

つまり、ストレスホルモンのない、安全な環境の中で、感情の記憶が再現されている。

いじめっこのいない安全な部屋で、安心してやさしいカウンセリングを受けているような状態なのでしょうか?

 

これが人のメンタルヘルスを整えるそうです。

 

そしてレム睡眠の時に、人はを見ます。感情の脳は活発になっているけれど、合理的な思考をする脳の部分は働いていない。合理的な論理の番人のいないところで、荒唐無稽な夢を見ることができます。

 

これが脳の中で、思わぬところでつながり、人の創造性を作るのだそうです。

 

つまり、レム睡眠の時間は、安全なところで、ささくれだった?感情のセラピーを受けることができ、かつ、「そんなのありえない!なんていう常識人(自分)がいない自由な創造ができる素晴らしい時間だったのです。

 

毎晩、寝ている間にそんなことが起こっているとは。

 

その他興味深かったのは

 

# 6時間以下の睡眠で本来のパフォーマンスができている人はゼロに等しい。

#寝不足の男性は十分に寝ている男性に比べて睾丸のサイズが大幅に小さい。

(寝ないで平気だ!と豪語するマッチョな人は注意、だそう)

睡眠薬は脳の外側を眠らせているだけで百害あって一利なし。

 睡眠に障害があったら、睡眠専門の医者に行くこと。普通の医者は睡眠についてくわしくない。

 

寝るというのは、ただ身体を休めるためのものだと思っていましたが、ぐうぐう寝ている間に、脳は、いい明日、大げさに言えば、いい人生を創るために、まさに寝ずに働いてくれているとは驚きました。

 

寝るのが大好きだから、今でもよく寝ているけど、ますますよく寝よう、と思いました。というか、やっぱり寝てていいんだ、と妙に安心した一冊でした。

 

おすすめの一冊です。

 

#まいにちしあわせになる方法33  7,8時間は寝る!

 

https://www.amazon.co.jp/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%93%E3%81%9D%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E7%AD%96%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B-%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC/dp/4797395842

 

日曜日朝いちのジムで出会う、そして‥‥

毎週日曜日の朝一番で、ジムに行くことにして、早6ヶ月。

すっかり習慣になりました。

 

ジムは9時にオープンするのですが、10分くらい前から入り口に人がぼつぼつ並んでいます。そのメンバーはだいたいいつも一緒。

 

この間、そこでストレッチしながら話を聞いていると、耳がちょっとダンボになる話が聞こえてきました。どうもここで会ったお二人が、めでたくゴールインするそう。

 

その当事者お二人と、もう1人の男性が話していて、

「いや〜、まさかね。結婚するとはね。もう住むとことか決めたの?」とか「もう結婚式のこととか決めたの?」とか突っ込みを入れていて、結婚する男性は、「なかなか住むとこも決まらなくて。いいなと思ったところは、すぐ他の人が、決めちゃったり」とか「実家が地方なんで、今度帰って報告するんですけど」などなど、照れながらも実に幸せそうに答えていました。

 

こんないい出会いってあるんだなあ。

 

でも考えてみたら、毎日曜の朝1番でジムに行くって、けっこう自己管理が必要なことだから、まじめな人だろうし、たぶん近くに住んでいる人だから生活環境も似ていそうだし、いい出会いに違いない!(そこから先はいろいろあるだろうけど;)

 

ジムに行くと、最初からイヤホンつけて、自分の世界に集中してトレーニングしている人もいて、それはそれでいいと思うんだけど、この男性、女性が、こういうタイプだったら、お互い声をかけて話すことはなかったことでしょう。そういう人には声をかけませんからね。そして、人生の伴侶と知り合うこともなかったことでしょう。

 

そう考えると、ときどきは、ゆるく自分をオープンにしておくといい出会いがあるのは確かかもしれません。

 

ということで、日曜の朝からいい話を聞けてこちらまでハッピーな気分になったのでした。

 

#人生でしあわせになる方法・32    自分をゆるくオープンにしておく

”GHQと戦った女・沢田美喜”青木冨貴子を読んだ

 

f:id:pecorafelice:20190611130136j:plain

戦後、米軍占領後すぐに生まれ始めた日本人女性とアメリカ人との間に生まれ、捨てられた赤ん坊を育てるための施設、エリザベスサンダースホーム創始者沢田美喜さんの人生を、ジャーナリストの青木冨貴子さんが描いた本です。

 

当時の沢田美喜を知る人の貴重なインタビューや、米国公文書館に保存されている沢田さんの手紙からわかる接収された三菱家の悲惨な様子、沢田さんの実のお子さんの複雑で率直な言葉、戦後のGHQ占領下の闇など、10年かけた取材というだけあって、ものすごい情報に基づいた大変面白い本です。

 

文章が歯切れがよく、あっという間に引き込まれます。

 

孤児を育てた善意あふれる聖女、という画一的なイメージしかありませんでしたが、まったく違いました。三菱財閥を一代で作り上げた岩崎弥太郎の血を受けたスケールの大きい肝の座ったエネルギー溢れる豪快な女性でした。

 

戦後、東京のあちこちに、ぼろくずのように捨てられていた混血の赤ちゃんたち。

沢田さんも東海道線の網棚の風呂敷包みの中の黒人の赤ちゃんの死体を捨てた母親と間違われ、このパンすけ、と車内で吊るし上げになりました。

 

一方、マッカーサー夫人宛てには混血の赤ん坊が届けられたことがあり、非常に気分を概し、夫妻は、それ以後日本人に会わなくなるという事件も。

 

日本、アメリカ、両国から見捨てられた赤ちゃんたち。

サンダースホーム設立も、日本人からも非難され、GHQからも潰されそうになったけれど、まったく負けなかったところがすごい。私財を投げ打って、人脈を使いまくって寄付をつのる。

 

そして、沢田さんの実の息子さんが80才を超えてなお「実子が孤児になり孤児が実子になった」と母親を取られたことを辛辣に語るのも印象に残りました。

 

大磯の沢田美喜記念館に行ったとき、館長さんが勧めてくれたのですが、何度も読みたくなる秀逸の本です。

 

#まいにち幸せになる方法31 ・人に勧められた本を読んでみる!

 

 

彼女は安楽死を選んだ・NHKスペシャルを見て思ったこと

先日NHKスペシャルで「彼女は安楽死を選んだ」を見ました。治る見込みのない重い神経難病を患った50代の女性が、外国人の安楽死を受け入れているスイスで安楽死するまでのドキュメンタリーで、大変考えさせられる内容でした。同じ神経難病のもう1人の50代の女性は、数少ない残された体の機能、「まばたきをする」という行為で、生きる選択をされていました。

 

見終わったあと数日経つのに、ずっと頭から離れません。

 

人それぞれ考え方があるので正解などないと思いますが、自分のそれまでの生き方がそこに表れるのは確かだと思いました。

 

強く感じたのは3点です。

 

#遠い海外での安楽死は体力的、精神的に負担が大きいのでは。

今、日本で安楽死は認められていないので、仕方ないのですが、安楽死をするのに遠いスイスに行くというのは、重い病気の方にとって、大変な負担ではないでしょうか。スイスでしかできないので、体力を考えて行けるうちに、と考えるとあせりがうまれはしないだろうか? 

違う国に行き、そこで数日で、自分で最後のスイッチを入れる(薬の栓を開ける)というのは、必要以上に精神的な負担が大きくはないでしょうか。ご家族も。

 

もしずっと生きてきた日本で安楽死が認められていたら、もう少し自然な流れの死をご家族も感じられないでしょうか。(これは日本で安楽死を認めるべき、というのではないのですが、もし日本で認められていたら選択は同じでもしなくてもいい負担が減ると思いました。)

 

# 何もできなくても生きるということについて

 

自分があのような病気になり、痛みと生きなくてはならず、すべて人のお世話にならなかったら、きっと自分も「生きていてもしょうがない」と苦悩を感じると思います。でも愛する人がそうなったときの気持ちは自分がなったら、と想像するのとは違うものでした。

 

うちの母は意識不明のまま5年間生きてくれて、私たち家族は悲しく苦しかったけれど「そこにいてくれるだけでいい」と思っていました。それはそういう体験をしてはじめてわかりました。想像で議論しているときと、本当に愛する人がそうなったときとは、人間の考えは変わるものなのです。そして変わり続けます。でも自分がそうだったら、と考えるとその状態で生きるのは大変辛いとも思います。

 

# この世で終わりだろうか?

この世がすべて、死んだら終わり、唯物的な考えのみに生きていると死を迎えたときあまりにも無であまりにも虚しいものではないでしょうか。もしあの世での再会をどこかで信じられていたら、死はしばしのお別れであって、たとえ自分で死のスイッチを開くにしても、寿命で亡くなるにしても「今までありがとう、また会うときまで」になるのではないでしょうか。これは死を前にして突然考えられるものではなく、生きているうちに、いつも生と死を同じグラウンドで考えることが必要なのかもしれません。

 

そして超高齢化社会の日本でもっともっと安楽死の議論がなされ必要があると思います。私ももっと安楽死に関する本を読んで勉強しようと思いました。

 

最後に、日本での安楽死の問題提起のために、撮影を許可してくださったお二人とそのご家族に感謝の気持ちをお伝えしたいです。本当にありがとうございました。そして心よりご冥福をお祈りいたします。

人生レシピ、逆境を乗り越える”レジリエンス”を見た

毎週金曜日夜8時、Eテレで放映している「あしたも晴れ!人生レシピ」を時々みます。

先日はレジリエンスの特集だったので、絶対にみようと思っていました。

 

レジリエンスとは「回復力」「弾力性」という意味なのです。逆境や困難にあっても、折れずに回復できることをいい、昨今のストレス社会で注目を浴びている言葉です。

 

番組を見て、印象に残ったことが2つ。

 

1. 企業研修、あるいは、番組出演者に「レジリエンス」と聞いて、イメージしてもらったことを絵にしてもらったとき、人によって、全く違ったこと。

 

ある人は、ロシアのマトリョーシカを描いていたし、賀来千香子さんは、陽の光の中で、幸せそうな自分と、閉じこもって悲しそうな自分を描いていました。

 

私はきっと、細い竹がしなっている様子を描くと思います。あるいは、心理カウンセラーの樺沢紫苑さんがよく言っている「のれん」。私にとって、レジリエンスは、まともに受けないで柔軟に受け止めながら、でも折れない、というものだと思っていました。

人によってずいぶん違うものです。でも正解なんてないのでしょう。

 

2. 福島の原発で10年かけて作り上げた自然農園や自然食レストランを捨てなくてはならなくなり、三重でまたゼロから農園や生活を再生している夫婦の方のインタビュー。

 

だんなさんは、福島の原発から逃げるとき、「これは聖書の場面だ」と思ったそうです。神様がソドムとゴモラの町を滅ぼそうとし、そこから逃げるロトと家族。神様は、逃げるとき後ろを振り向いてはいけない、という言ったのに、教えを破り、うしろを振り向いてしまったために、塩柱にされてしまったロトの奥さんの場面。

 

だんなさんは、過去をまったく振り向かず、三重でまたゼロからはじめたのですが、奥さんのほうは、福島で作り上げたものを考え5年くらい笑顔が出なかったそうです。だんなさんのレジリエンスの強さは、信仰もあるかと思いますが、20年もの間、アジアの貧しい村々で農業支援にあたった経験に培われたものも大きいと思いました。

 

それと同時に、だんなさんがあまりにも素晴らしすぎて、以前の暮らしを思うことを共感してもらえない奥さんの気持ちも大変わかるような気がしました。

 

でもこんなにも大きな困難に直面したとき、夫婦の性格が違うのは、大きな強みなんだなとも思いました。同じように後ろばかり見ていたら、悲しみは増長されて、きっと病気になってしまうことでしょう。

 

最後にだんなさんが言っていたこと、お金やものを失っても大丈夫なんだ、そういうものがなくても、また自分でゼロからやっていけるんだという根拠のない自信みたいなものが大事(言葉は多少違うかもしれませんがこういう趣旨のこと)という言葉が沁みました。

 

自分にそういう自信をつけるのは、経験しかない。

 

この自信がレジリエンスというものなのでしょう。

困難に立ち向かう、のではなくだんなさんのように変えられない過去ではなく、未来を考える、あるいは奥さんのように、笑顔が出ないときがあって辛くてもじっとやり過ごし、でもとにかく折れない。

これもレジリエンス

 

人生レシピは、とても深い番組だと思います。賀来千香子さんの優しい謙虚で思慮深いコメントも好きです。金曜日の夜はちょっと楽しみです。

 

#まいにちしあわせになる方法・30

 レジリエンスをもっと知る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本橋高島屋、日本画家、堀文子さんの展覧会に行く

日本橋高島屋で開催され、今年の2月に亡くなった日本画堀文子さんの展覧会に行ってきました。

 

作品は思った以上に数多く出品されており、平日の昼間にも関わらずとても混んではいました。感じたのは、潔さ、子供のままの純粋さ、人におもねず、最後の作品まで、自分の魂が呼ばれたものを描いているのが、はっきりとわかりました。

 

70歳のころイタリアのアレッツオにアトリエを構えたり、82歳のときにヒマラヤの山の花を描きに行ったりと、普通の人間だったら、年齢を考えて、なかなかできないことかもしれません。

 

でも年齢とは何でしょうか?

 

もちろん、肉体は山型の衰えを見せるでしょうが、は亡くなるその時まで、見るもの、感じることが毎日新鮮であり続けることが可能なのではないでしょうか。努力なしで誰もがそうなるとは思えませんが、不可能ではないのだ、と堀さんの生き方をみて思いました。

 

100歳のときの作品がありました。

描きかけの紅梅でした。

 

亡くなるその年まで、美しいものに魂を呼ばれた方だったのだと思いました。

 

雑誌サライのインタビューにこう答えてられます。

 

「ー齢を重ねる楽しさとは?

「うーん、みなさん年齢に拘りすぎですね。84歳なのにお元気ですね、なにか秘訣は?なんて無礼だと思います(笑)。子供のときの続き。私にはそんな感じしかないですね。そして死ぬまで生きているわけですから。」

2002年9月5日号サライインタビューより

 

子供のときから続きで死ぬまで新しい毎日を生きる。

こうありたいと思いました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

#まいにちしあわせになる方法 29 ・新しい毎日を新鮮に生きる

ランニング再開 

f:id:pecorafelice:20190521142633j:plain

 

以前はよく走っていて、狂っている時期があり、フルマラソンも2度ほどでたことがあるのですが、ここ数年は、すっかりランニングから遠ざかっていました。でもジムに行くのは、ちょっとめんどくさいな、というときは、いつでもどこでも、のランニングは一番いい運動だと痛感! ジムで筋トレの後、ランニングマシーンで15分ほど走ると決めているのですが、ランニングマシーンは、やっぱりあまり楽しくない=時間が経つのがとっても遅く感じます。ずっとタイマー見ている始末。

 

それに比べて、外を走ると、行ったら、戻ってこなくてはならないので、あっという間に往復で30分くらい走っています。

 

我が家の周りは丘陵地帯で、自然が残っているところがあり、自然とクロスカントリーレーニングになります。写真は、山道で、大好きな道なのですが、あまりにも人がいないので、ちょっと怖いこともあり、女性が犬の散歩しているのを見かけたときだけ、走ることにしています。

 

前は、自分に課しているところがあって、ハードに走って、苦しみの後の達成感みたいなのを求めていたけれど、今は、あくまで楽しく気持ちよく終わる、をモットーに、次、また走りたくなる気持ちと「やらないよりはまし」を目指してやっています。

 

というのは、このごろ、運動するとポジティブな考えになる、など、運動と脳の働きの勉強をしていて、運動の意味が自分にとってまったく変わってしまいました。今は、人生をハッピーに感じるための行動の一つ=運動になりました。運動するといい気分になるのは、そういう気がすると漠然と思ってたけど、脳にでてくる化学物質的に、当たり前のことだったんですね。そう思うとよけい楽しくなりました。よしよし、今でているだろうな、と思って。

 

もしできたらいつか5キロマラソンくらいに出たいものです。多分、もうフルマラソンに出ることはないでしょう。体に悪そうなので;)(自分の場合)

 

ランニングは、お金もかからず、場所もたいして選ばず、本当にいいものだなあとつくづく思うこの頃なのでした。

 

#まいにちしあわせになる方法 28・家の近くを楽しく走る